Face Beauty

アトピーの治薬薬

アトピー性皮膚炎の治療のための保湿外用薬にはさまざまなものがあります。ステロイド剤、皮膚のうるおいを保つヒアルロン酸やケラチナミンなど保湿成分が含まれたものや、ローションなどドラッグストアなどで購入できる製品があります。

read more

外用薬以外の保湿

アトピー性皮膚炎のための保湿言えば保湿外用薬を利用する場合がほとんどですが、保湿外用薬以外にも、自らの体の保湿をできる方法があります。出来る限りこのような外用薬を使わずに保湿する方法

read more

痒みのメカニズム

アトピー性皮膚炎とは

「うちの子は.アトピーなんですか? アトピーじゃないんですか?」アトピーという名名前にとてもこだわっていて、白黒つけてほしいというわけです。
いまだにアトピーに対する誤解があり、大きなな不安や嫌悪感がはびこっています
アトピー性皮膚炎は、その実態をはるかに離れて、とても大変な病気、難しい病気として、多くの人たちに大きな不安を与えているというのが実情です。
その原因はマスコミなどによるステロイド薬に対する誤った情報「アトピービジネス」と呼ばれる苦しんでいる人たちを食い物にする商売、一部の心ない医者の診療などいろいろと考えることができます。
そもそも「アトピー」とはATOPOSというギリシャ語から来ている「奇妙な」 「不思議な」という言葉の意味ですが、現在の日本では病気そのものではなく、病気を取り巻く環境が「アトピー」な状態になってしまっているのです。
しかし、アトピー性皮膚炎というのはいたってシンプルな病気なのです。このことを患者さんや家族の方が分かってさえいれば何ら不安になる必要は無いのです。
確かにアトピー性皮膚炎の診断基準というものがあります。でもそれは、医者がある意味治療の効率をよくするために線引きしたラインのようなものなのです。
一口に皮膚炎がてきやすいといってもちょっとだけ皮膚炎が出来ている人から全身が真っ赤になる人まで満遍なくいるわけですからその中で、ここからはアトピーにしましょうという基準を作っただけの話。そこに実質的な境界はないわけです
実際にアトピー性皮膚炎の大元には敏感肌があるだけで、他の人よりも皮膚の感受性が豊かということにすぎません。

アトピーの理解

アトピー性皮膚炎は皮膚が敏感で、皮膚のバリヤー機能いわゆる天然保湿能力かが弱いために乾燥しやすくて、外からの刺激を受けて皮膚炎ができやすい、皮膚炎ができればかゆみの刺激が起きて、すぐに掻いてしまう、掻いてしまえばそこに人工的に皮膚炎が作られます。そういうサイクルができてしまうわけです。
ですから、皮膚の乾燥を抑えることができれば、ほとんどの部分はケアできます。
今、どのくらいの皮膚炎が存在するかにもよりますが、それをある程度抑え、後は乾燥しやすいという皮膚の特徴をスキンケアでコントロールすることによってアトピー性皮膚炎はいくらでも予防できますし、日常生活でも全く負担はなく、生活することができます。近頃は健康な人でも冬になると乾燥肌になる人が多く、皆さんはそれぞれに保湿剤を使ってケアしているでしょう。それと同じと考えればよいわけです。
そしてそういった生活をしているうちに 、人間の体というものは成長とともになじみながら改善していくものなのです。
それではいつ治るのか、その時期は現時点では約束できませんが、、必ずそうやって良くなっていくものです。

痒みのメカニズム

アトピー性皮膚炎の対策としての保湿対策を考える前にアトピーの痒みのメカニズムを理解しておく必要があります。
膚の炎症はカロリーの高い食事が原因であると言われています。特に高カロリー食は熱を持っていますので皮膚にも熱がこもり易いとも言われています。
熱がこもった皮膚は乾燥し、乾燥した肌は痒みを起こすわけです。そして、かゆみを感じると人間は掻きたくなります。それは掻くことによって皮膚にこもっている熱を放出しようとするためです。

アトピーの治療法

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能および生理機能の低下による皮膚の保湿機能低下が原因です。アトピー性皮膚炎の治療の基本は保湿治療です。ですから、治療の基本は保湿外用薬を使ったスキンケアです。

read more